先ず1歩

ブログ

気持ちの良い青い空を見上げると 一瞬苛立ちがおさまる なんか不思議です

生きてると幾度か「初めの一歩」を経験する

数年前にアメリカ西海岸でそんな一歩を経験した

幾度か訪れたこの街も毎回とても新鮮な景色で気分が良いものである

世界の主要都市にたいがいある’吉野屋’でとりあえず一息

相変わらずこの店ではスペイン語が飛び交い陽気で微笑ましい でも少し振り返ると

鎖と鍵だらけで物々しい 従業員も若くムキムキで目付きが鋭い 頼もしい限りである

パーン!と乾いた音 男の子が倒れてる14歳位だろう はてさて暫し撃ち合い・・・

5分程でお巡りさん登場!一件落着? である いけない事ではあるが見慣れた光景です  現実とは考える・・・ん・・・なかなか難しいです。

取り敢えず手持ちが無いので 皿洗いからスタートです

有り難いことに世界の主要都市には日本初の様々な職種のお店が頑張っているので

職は事欠かないんです ありがたいありがたい・・・です

さらに自分は日本人ですので 2・3件面接すれば ほぼ決まりです  ありがとう。

とある中堅の「日本食レストラン」で就業開始です。

しばらく’格安ホテル’住まいでしたが勿体無いので’シェアハウス’を探し 共同生活

開始です。

職場と寝床の往復の日々でしたが、のんびりでゆったり少し遅れて時計が動いてる感じです  ふ・・・。

とても嬉しいのは お客さんのご年配のアメリカ人は殆どの方は 日本人をとても「リスペクト」しているのです 理由は多くの方は先の大戦での敗戦からの這い上がる力強さ そして「このアメリカの地で」地べたに這いつくばり繁栄してきた多くの日本人商社マンを本当に称賛しています

地球には重力があります。 自分の勝手な思いですが 良くも悪くも全てのものに

重力は働いてる気がします そんな体験をご紹介して参ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました